ノーベル特長成分Q&A

DHAとは?

Q1 DHAとは?

DHAは、多価不飽和脂肪酸の一つです。
DHA(ドコサヘキサエン酸)は主に魚油から精製されますが、魚油には同時にEPA(エイコサペンタエン酸)も含まれ、ペアのような存在の成分です。科学的にも、わずかに大きさの異なる物質なのです。

DHAは、もともと人間の脳細胞の脂肪の中に豊富に含まれています。
脳の中の、特に「海馬(記憶・学習の機能をつかさどる部位)」と呼ばれる部分に多く存在します。
また、目・心臓・子宮や精子などに存在し重要な働きをしています。
私たちの健康のために大切な役割を果たす不飽和脂肪酸ですが、加齢とともに不足しがちになってしまいます。


Q2 どんな魚にDHAは含まれているの?

よく知られているのは、マグロ・カツオ・ブリなど「背の蒼い魚」ではないでしょうか?
含有量の多さでいえば、ダントツNo.1は、やっぱりマグロです。マグロの目の周囲の脂肪部分の約30%はDHAです。
脂のたっぷりのった魚ほどDHAやEPAの含有量も多く、まさに「旬」の時期がオススメです。

豆知識

魚の旬って?
マグロ(本マグロ)、ブリ(天然)
サバ 秋~冬
サンマ
アジ
イワシ 夏~秋
カツオ 初夏・秋

他に、魚の卵にもDHAやEPAが豊富に含まれています。
サケ(イクラ)、ニシン(カズノコ)、スケトウダラ(タラコ)、トビウオ(トビッコ)など。


Q3 魚嫌いはどうしたらいいの?

日本は、世界的に見ても海産物の摂取量が多い方ですが、最近の子供たちの食事は欧米化、野菜嫌い、魚嫌いの傾向があります。

魚のにおいが嫌だったり、骨を取るのが面倒くさかったり、料理するにも手間がかかるなど、大人も魚より肉を好む傾向にあります。

そんなときは、DHAを含む乳酸菌飲料・ヨーグルト・サプリメントなどで手軽に補給することができます。


豆知識

◆魚料理をするなら効率的にDHAをとりたい! そんなときは、生食(刺身等)や煮物でいただきましょう。唐揚げはDHAが揚げ油の中に流れ出てしまって勿体ないです。


ページの先頭へ